スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ジョッターとジョッターカード
今日は久しぶりに銀座伊東屋本店を巡礼することができました。

今日の目当てはジョッター。

少し文具に興味がある人なら、パーカーの傑作ボールペンのことを思い浮かべるでしょう。

ジョッターは書きつける意味のjotから来ているので、ノック式のこのペンにはぴったりです。
しかし、今回のジョッターは、書きつけられる側です。

ビジネスやプライベートで、というか
会社でも家でも電車でも外でも、ちょっとメモをとりたくなる機会はたくさんあります。
とくに、PoICをやっていると、いつ何時でも思いついたことを5×3インチカード↓に書き留めたくなります。
※私は野帳を使ったりしていないので、PoICerの中ではカードにするハードルが低い方だと思います


いまはそんなときに、モレスキン メモポケッツで作ったicPodの上で書いています。
でも、そもそもそんなに沢山カードを持ち歩く必要はないし、PoICのカードにするほどでもないちょっとしたメモをとるなら、いちいちバンドを外してモレスキンを開くのはめんどくさい。
そんなときに現れるべくして現れたのが、ジョッターの存在です。

そもそも、はじめてジョッターに出会ったのは2年くらい前です。
メッセージカードほど高くない、でもちゃんとしてる、というカードを探していました。
それは社員や取引先に書類を送る際など、プリントアウトした送付状の他に手書きのメッセージを入れるためでした。
そして伊東屋をうろうろし、泣く子も黙る高級紙製品ブランド、クレインのジョッターカードを発見・即購入しました。

メッセージカードが1枚50円とかするのに比べ、これは50枚で1260円、1枚換算25円とお得に感じられました。
※本国では、自分の名前を入れても1000枚90ドルくらいで、さらに安いです
公式サイトからは海外配送の注文ができませんが、ここならできるようです↓
http://www.organize.com/personalized-natural-white-jotter-cards.html

話が脱線しましたが、その時に当然隣に陳列されていたのがクレインのジョッターでした。

その時は使うイメージがわかず、購入しませんでしたが、発色が良い、楽しげな商品だと思いました。

このクレインのジョッターは、今日の伊東屋ではピンクしか在庫がありませんでした。
伊東屋オリジナルのカラーチャートのものはいろいろな色が残っていて良いのですが、メモ用紙を挟むことも想定しているらしく、紙を押さえる部分が大きく、私の用途には向かなさそうでした。

そんな中、発色もよく、なかなか良さげなジョッター(しかもジョッターカードが何枚かついている)がクレインのジョッターと同額(3990円)で並んでいました。
それが今回購入した、graphic imageのものです。
グラフィックイメージのジョッターなんて日本で扱いがあることも知りませんでした。
P2060355.jpg
不思議な像のマーク。
P2060356.jpg
なぜかかわいげな袋に入っています。
P2060357.jpg
形はクレインのものと同じです。
P2060358.jpg
実物は落ち着いた青色。
クロコダイル柄の型押レザーです。
P2060359.jpg
ストックはカード5枚が限界ですね。
内側は紫色でなかなか良い感じです。

今日は久しぶりに伊東屋の底力を見せつけられました!
檸檬やら復刻アテナ万年筆やらで丸善になびいていた心が、一気に赤クリップに引き寄せられました。
これぞ伊東屋巡礼の醍醐味!
聖地と呼ばれるに相応しい力を発揮してくれました。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
-----
ネット上ではこの辺のジョッターが人気のようです。




スポンサーサイト

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

【2010/02/05 22:08】 | 文房具の話 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
dynapocket X02Tがやってきた!
とうとう機種変(3Gなので正確には「買い増し」ですが)しました!
iPhone3G S と少し悩みましたが、WindowsMobileの方がいろいろ無茶できそうというのと、Snapdragonの圧倒的なパフォーマンスが決め手となりました。
現在はWM6.5搭載ですが、将来新しいバージョンが公開されるかもしれません。
そうしたときに、(東芝がアップグレードを提供してくれさえすれば)2年くらいであれば十分対応できる端末だと思います。
そして、筐体が傷まみれになっても、外装リニューアル(iPhoneにはできない)ができるというのも魅力です。


ヤマダ新橋駅前でまさかの在庫切れ→有楽町BICで確保
とあいなりました。
どちらもホットムックを置いており、店員の対応も良心的でした。

端末を買ったりするのはSoftBank Shopより量販店の方が絶対良いと思います。
空いてるし。
SoftBank Shopは一部の直営店を除き、ほとんどが代理店なので、特別メリットは無いと思います。


脱線しましたが、早速dynapocketをいじり始めています。
まだ連絡先の移行ができてないので、電話ではなく、ただのおもちゃ状態です。
とはいえ、ただのおもちゃとしても相当楽しいシロモノです。
PC250295.jpg
とにかくでかい!
画面も本体もケータイとしてケタ違いのでかさです。
でも、薄いし軽いので思いのほか扱いやすいです。

最近のケータイは買ってもACアダプターがついてきません。
普通であれば共通化されているので使いまわし可能なのですが、残念ながら前の端末がNOKIAだったので、新たに買わなければなりませんでした。
それでも1000円程度です。

最近は説明書もWeb公開のみになっているので、箱もとても小さいです。
どうせ全部読む人なんていないので、見たい項目を検索できる方が便利で良いですね。

PC250296.jpg
付属品はやたら多いです。

・スタイラス
・USB接続ケーブル
・ACアダプタ接続用ケーブル
・イヤフォン接続ケーブル(マイク付)
・他のUSB機器と繋ぐ用のUSB変換ケーブル
・シリコンケース
といった具合です。

私はシリコンケースを使いませんが、うれしい人にとってはうれしいおまけですね。
microSDHC(16GBまで対応)とかはついてこないので自分で買わねばなりません。

BICで買っても良かったのですが、アキバで想像を絶する値段で投げ売られているのを思い出すと、なかなか買う気になりませんでした。
まあ、最近はどこでもかなり安いですが。

当面は引き続き、dyanapocketと遊んでいきます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:SoftBank(ソフトバンクモバイル) - ジャンル:携帯電話・PHS

【2009/12/24 23:07】 | その他こだわりグッズの話 | トラックバック(2) | コメント(1) | page top↑
JCBで住信SBIネット銀行からの引き落としが可能に!
現在、銀行は
・メインに住信SBIネット銀行
・クレジットカード引き落とし・オークション用に新生銀行
・ついでにゆうちょ銀行
という構成でやってます。
普段キャッシュカードを持ち歩くのは住信SBIと新生銀行なのですが、これをなんとか減らしたい。
もっと言うと、新生のカードを家に置いておきたいと思っています。

ただ、それを許さなかった事情のは、住信SBIネット銀行がクレジットカード各社の提携金融機関になっていないということでした。
SBI証券との見事な連携、コンビニATMも大抵使える、月3回まで他行宛振込無料、選べるキャッシュカードなど、非常に素晴らしい銀行です。

でも、家賃を除く生活費の大半をカードで払っている(若干クレヲタ気味の)人間としては、カード会社の引き落としができないというのは不便でなりませんでした。
結果、毎月ちょこちょこ新生に入金するというめんどい作業が発生していました。

ところが今回(というか9月からのようですが)、とうとうJCBが対応してくれやがりました。
http://www.sbigroup.co.jp/news/2009/0907_2691.html
ありがとうJCB!
これからもよろしく!
ただそれだけの記事でした!
そして気付いたらポケットカード(サブでP-one保有・株主でもある)も対応してました!

めでたしめでたし。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/12/21 00:08】 | しょーもない話 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ケータイ機種変検討中(iPhone 3G S vs dynapocket vs ガラパゴス端末)
ノキアの705NKを使い始めてからはや2年半。
そろそろ新しいケータイを買いたいと思います。

最近は随分新しいのも沢山出てて、非常に目移りします。
ただ、最近の端末は高機能化が進むあまり、当然のようにモッサリしてるケースが多いようです。
以前だったらありえなかったようなモッサリ感が黙認されていたります。

ワンセグとおサイフケータイが必須でない私にとって、選択肢はとても広いです。
現在の候補は
1.iPhone 3G S(最近また値段が落ちました)
2.X02T dynapocket(12/11発売ながら、既に機種変月額980円)
3.その他ガラパゴス端末

です。

たしかにiPhoneが良いのはわかります。
周りにも使っている人が沢山います。
でもでも、出向復帰したらほぼ間違いなく業端がiPhoneになります。
それなら、せっかくの機会にWindowsMobileの実力も体験しておきたい気もするのです。

dynapocketを見てみると、
・4.1インチ液晶
・WindowsMobile6.5(=Operaが使える)
・HSDPA対応
・Snapdragon搭載
・Wifi対応


魅力的すぎます。
Snapdragonは現時点で世界最高のケータイ用CPUです。
なんとケータイ用のくせに1GHzで動きます。

au時代も東芝の端末を多用し、アイロンもわざわざ東芝を選び、2003年のDynabookをサブマシンとして使っている人間としては、この東芝のガッツに応えたくなってしまいます。
春頃からはandroid端末が続々出るでしょうが、それにも劣らない魅力を放っています。

T-01Aというdocomoの端末とほぼ同じなのですが、そちらの評判は上々のようです。
もう気になって気になって仕方がない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:SoftBank(ソフトバンクモバイル) - ジャンル:携帯電話・PHS

【2009/12/13 19:10】 | その他こだわりグッズの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MOLESKINE手帳のオマケ「アドレスブック」のしょぼさ
モレスキンの手帳にはアドレスブックのおまけがついてきます。


これを「ラミネート加工で翌年以降も使える!」と大層に宣伝しているのです。

が、実物を見ると愕然とします。
PC020190.jpg
ノートの端を切って、アルファベット入りのセロテープのようなものを貼っただけ。

そのテープの張り方がまた雑なのです。
PC020191.jpg
端っこがはみ出していたり、斜めに貼られていたりするので、次のページにくっついてしまいます。

びっくりするくらい雑です!
近年稀に見る雑な代物です。
そういえば、保育所時代にこのような工作をしたような気がします。
その時はもうすこし上手くできたような気がします。

たとえダイソーであっても、このような品質のものを売ったらクレームの対象になるでしょう。

でもそれを堂々とオマケとしてつけてしまうモレスキン。
おそるべし・・・・・・。
こんなものならの付けずに本体の品質を上げてくれた方がお互いのためだと思うのですが。

ちなみに、クオバディスではこんなにちゃんとしたアドレスブックがついてきました。
PC020192.jpg
こちらはブランドイメージに見合う出来で、十分使えます。

まずいないと思いますが、このアドレス帳に期待してモレスキンの手帳を買うことだけは、絶対にしてはいけません!
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

【2009/12/05 00:51】 | 文房具の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インク補充の頻度
万年筆使いの皆さんは、どのくらいの頻度でインクを補充していますか?


万年筆は、補充頻度が低いとインクが内部で固着し、故障の原因になると言われています。
そのため、1ヶ月に1度などという人はまずいないでしょう。
とはいえ、書く文字の量、ニブの太さ、万年筆種類によってもかなり違うはずです。


なんでこんなことを言うかというと、
インクをモンブランのブルーブラックにしてから、やたら減りが早いのです。
PA290114.jpg

アテナインキのブルーブラックを使っていた頃は週に1回程度補充すれば十分でした。
ところが、モンブランに変えてからは、だいたい4日程度しか持ちません。
ニブはEF(極細)なので、これまでインクの消費が特別多い方だとは思っていませんでした。
しかも、モンブランBBはアテナインキBBよりフローが渋めなので、さらに不思議です。
PB170167.jpg

万年筆コレクターという類の方は、1本ずつの使用頻度が低く、インクを詰まらせやすいと聞きます。
とりあえずその心配は無いのですが、仕事中にインク切れを起こすのは困ります。

インクが無くなる少し前には文字が若干太くなるので、
「無くなりかけだな」というのはわかるのですが、会議中などだとその会議中にインクが無くなってしまいます。

カートリッジ式ならカートリッジを交換すれば済む話なので、吸引式ならではの悩みですね。


これからは会社と自宅、両方にボトルインクを置いておく必要がありそうです。
インクの寿命は2年程度と聞いているので、同じインクでも古いものを使い切ってから買うようにしていたのですが、
これだけのペースであれば2ボトルあっても1年程度で使い切りそうです。

モンブラン ブルーブラック、無くなるペースと価格で考えると、恐ろしく高コストなインクかもしれません。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

【2009/12/03 22:34】 | 文房具の話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
MOLESKINE Weekly Planner 2010 Vertical Largeのレイアウト
ひとり手帳会議の決議により購入されたモレスキンの手帳。
一番の決定打になった素っ気ないほどシンプルなレイアウトについて確認しておこうと思います。

シンプルであればあるほど、使い方は人によってわかれるでしょうね。
PC020186.jpg
12月に入り、翌月について考える必要が出てきたので、開封します。
PC020188.jpg
ロゴの感じは以前と違うらしいですね。
不良モレスキン=臭いということだったので臭ってみましたが、大丈夫なようです。
PC020193.jpg
180°綺麗に開くのがモレスキンの特徴ですが、 まだ背表紙が堅く、開き切りません。
また、背割れを起こすのも時間の問題というのがよくわかります。
何ヶ月もつことでしょう。

さてさて、肝心のレイアウトです。
PC020194.jpg
まずはお馴染みの「拾ってくれたら○ドルあげちゃうよ」メッセージページです。

PC020195.jpg
続いて、所有者のプロフィールです。
クオバディスでもそうでしたが、免許書の番号など、「そんなことまで書くのかよ!」という内容が並びます。
この後年間のカレンダーがあり、もういきなり手帳らしいページです。

PC020197.jpg
バーティカルタイプの月間カレンダーです。
これは試験やなイベントの日程把握に使いやすいので気に入っています。

PC020198.jpg
次は(写真ではほとんどわかりませんが)各国の祝祭日の一覧です。

PC020199.jpg
そして旅行の記録(または予定)。
この辺はチャトウィンなる紀行作家に愛されたと勝手に名乗っているからでしょうね。

PC020200.jpg
世界地図です。
クオバディスはカラーで何ページにも渡って地図がありましたが、カラーだと反対側のページに色が移って汚くなりがちです。
私にはこのくらい潔くても事足ります。

PC020201.jpg
左が距離、右が各国の国際電話コードです。

PC020208.jpg
このページに綴じ糸が見えました。
4カ所綴じになっており、一時期よりは品質が改善している証拠ですね。
※悪いとき(中国生産になったばかりの頃)は3カ所綴じだったようです

PC020202.jpg
これはけっこう重要な、単位の換算表と、服や靴のサイズ表です。
Googleでも簡単に出すことはできますが、一覧で見られると意外と重宝します。

PC020203.jpg
拡大するとこんなかんじ。

PC020204.jpg
ものさしがついたメモっぽいページがあり、次からはもうバーティカルのウィークリーページです。

PC020205.jpg
2009年の第53週から2010年の第1週のページです。
月間のバーティカルのページは2011年までありますが、ウィークリーのページは2010年第52週で終わります。
好感が持てるほど潔いです。

PC020206.jpg
ひたすらウィークリーが続いたあと、4ページほどメモがあります。
たぶん、どこかに旅行に行ったときにスタンプを押す用だと勝手に解釈しています。

PC020207.jpg
そしてもう最後のポケットまで行き着きました。

全ページ完全なる単色刷。
シンプルの極みです。
そのお陰で薄さ、軽さを実現しているのでしょう。

PC020209.jpg
この大きさの手帳(しかもハードカバー)にしてはかなり軽い方だと思います。
なかなか気に入りました。
書き込んでみての印象などはまた次回以降。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

【2009/12/01 23:23】 | 文房具の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。